PROFILE   LINK   RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
はなれ ばなれ


避暑を期待して地元に帰ってきたわけですが、仙台も容赦なく暑いです。
先日は東京よりも日中の気温があがったとかで、裏切られた気持ちでいっぱいです。
夕方からは大体涼しいです。そこには地元の気候を感じることができます。



地元といえば、参加したaromamoraさんの東北の香り付き写真集が最近届きました。
1枚1枚の写真に愛があり、東北の良さがじわじわと伝わってきます。
良き東北を伝えるというコンセプトも前向きで共感でき、
ブックデザインもとてもすてきで、
深い森のようで何処か爽やかないい香りもするという、
全体として素晴らしい写真集です。

青山ブックセンター本店などで取り扱っているそうです。
トータルの写真集としてオススメしたいすてきなものでしたが、
webサイトでも写真自体は見ることができます。
興味を持って頂けましたら、ぜひご覧になってみてください。

http://www.aromamora.jp/photo/





さてさて、夏休みももう中盤にさしかかってしまいました。
楽しい時間はほんとうにあっという間です。
松島と山寺に2人で行ったり、予備校の講師を一週間ほどやらせて頂いたり、
花火を見たり、七夕まつりをみたり、
母親と夕涼みをしながらビールを飲んだり、日帰り温泉に行ったり、
友達と遊んだり、おいしいものを食べたり…

色々考えることはやっぱりたくさんあったりします。
謎の高熱を出したり、発疹が出たりしながら、
それでものんびりとたのしい地元ライフを過ごしております。
写真もたくさん撮ったので、今度まとめて紹介します。



時間がゆっくり進むことが如何に心地よいかを感じているところです。
あれこれ追われてでなく、自分でひとつひとつを選びとって生活することが、
すごく自分らしさを感じるし、確かな感じがしてすごく心が健やかです。
「〜しなきゃいけない」でなく「〜したい」だけで生活できたら、どれだけ幸せなのでしょうか。
普段は全然、そうはできないものなのですが。



地元にいること、テレビなどメディアに接する機会が多いことで、特に震災関係の考え事は増えました。
でも今の自分がいかに愚かであり、浅はかであるかよくわかっているので、
色んな人の話や考えを聞きながらまだまだ考えなくてはならないと思います。
一方的でなく、主観的でなく、柔軟な考えを持てるようになりたいです。
つらいことだからこそ、尖ったようなものや痛いことは嫌だと思います。
逃げではなくて、結論としての、あたたかくやさしいことに行き着きたいです。
上手に言えないので、何かニュアンスが伝わってくれれば幸いです。





唐揚げ検定に一発で合格しました。
最近デブキャラ発言を繰り返しているし、いい加減笑えなくなってきました。
東京に戻る頃の体重を考えると寒気がします。

boyaki comments(0) trackbacks(0)
日 記





ここ最近東京が涼しくて気分が良いです。
授業がずっといそがしかったので、
夏休みに入ってからは完全なだらけモードに入っています。


明日からようやく仙台に帰ります。
仙台に帰ったらいっぱい写真をとって、おいしいもの食べて、あそんで、
予備校の講師のバイトをして、たまに制作をして、あそびます。あそびます。


いつも帰る前にいろいろ整理や掃除をしているのですが、
書類を整理しながら自分の記録癖を感じとりました。
この話はしょっちゅう書いてしまうのですが、
私は自分の脳みその能力をあまり信頼していないので、
行ったところ、きれいだったもの、うれしかったこと、かなしかったこと、
みんな写真か絵か文章に記しておかないと気が済みません。


そういった欠片がぽろぽろと書類整理をしていると出てくるわけです。
私はそういう感じたものや見た物を、現在の時間軸で認識するのではなく、
いつかの時に振り返って、過去として見ることでようやく、
感じたり見たりできるという不思議な認識の仕方をしたりします。
過去は誇張され、美化されます。だから記録は美しいことが多いです。
それが少し、好きです。


とまあ、お腹が痛いので小難しいことを書きたくなってしまいました。
明日こそサービスエリアで何かおみやげを買ってみようかな。

boyaki comments(0) trackbacks(0)
20

とうとう今日で20才になってしまいます。

考えてておもしろいと思ったのですが、平均的寿命を生きる人間は、
人生において大人でいる期間の方が長いのですね。
数年前も今も、やはり20になって30になっていく自分を想像することはむずかしい
大人になった、って感じるのはきっともっと別な瞬間にあるのでしょうね
本人的には子どもも大人もあまり境はなくて、昨日と今日の私が唐突に変化するわけでもないのですが、
長い目で見ればやはり色んなことが変化していて、
とにかく今日、ひとつの人生の節目を迎える訳です。そこには結構意味がある。






自分のことを考えてみる

好きな音楽のこと 映画のこと 漫画のこと
生まれ育った仙台のこと 他人のような東京のこと
表現するということ

待ち合わせにだいたい遅刻すること
よく唐突な忘れ物をすること
16時間でも眠れること
すぐに体調が崩れること

20年使ったからだ
割れて三重になった小指の爪 皮膚に埋まったシャーペンのしん 落ちた視力
20年の間に出会ったひと 別れたひと
いま隣にいてくれる人


虫が大嫌いなこと
暑いのも大嫌いなこと

写真、文章、その記録癖 過去への執着
死ぬ前に食べるならおにぎり漬け物お味噌汁


美味しいトマト 海 旅行 白いシャツ
宇宙 ベランダ いいお酒

たべること 泣くこと 笑うこと
いきること しぬこと


自分のこと それはひとのこと






ハッピーバースデイ自分。
20になった私を、これからもよろしくお願いします。

boyaki comments(0) trackbacks(0)
kinoko noko noko noko noko

201101_adatara



おひさしぶりです
昨日オープンキャンパスが終わりまして、ようやく制作に一段落ついたところです
展示用ポートフォリオ、フラッシュ課題、オープンキャンパスのスタッフなどが重なり、怒濤の数週間でした
ほんとうに怒濤だったなあ 徹夜のしすぎで、1徹くらいでは全然元気に過ごせるようになった気がします。
しかし先週、3徹したときにはさすがに危なく、そのへんで失神してました
台所や洗濯機の前で家事をしながら寝てみたり、椅子から落下したり…
寝なかったことをこんなに言うと、ミサワになれそうですね。

しかし良く寝てよく食べることはほんとう大切なことですね。
それができなくなったとき、何らかの危機が迫ってることは間違いないでしょう

あと最近ストレスの発散法という話で思ったのですが、
やはり私は親しい人と美味しいものを食べる、というのが一番効くようです。
その時間や気持ちの余裕がとれなくなったら、ちょっとキツいなあ、と思いました。



オープンキャンパスではメインイメージ映像の制作を手伝いました
来場者の方々がプロジェクタの映像投影にすごくリアクションを示してくれて、とても嬉しかったです
もうオープンキャンパス自体は終わりましたが、一応オープンキャンパスのURLです よかったらどうぞ
http://dipale.musabi.ac.jp/oc11/

昨年は色々と失望しており、オープンキャンパスは見もしませんでしたが、
今年は展示やスタッフとして関わったことで、学科の一員になったのだな、と感じました
関わりたいと思えるようになったのだなということが驚きです。

時間が立てば本当に色んなことが変わるんですね 悪い意味でも良い意味でも。
前の自分の思考や行動を忘れてしまわぬようにしながら、どれだけ自分が変わって、
それが良いことなのか悪いことなのか考えながら、これからも過ごして行こうと思いました
あ、なんかすごくまとめっぽい。




とりあえずまだまだ色々続くので、ひと段落はひと段落なのですが、
あまり休めそうもないです フウー
夏休みに地元に帰るまでのひと頑張りですね。
こっちはこっちで楽しいことも見つけられるようになってはきましたが、
はやく大好きな仙台に帰りたいものです。
あと長距離移動がけっこう好きなことに気づいてきました、最近。
高速バスだと、動けなかった車内からのSAでのひと休憩がたまらなく爽快です 別にMなわけではないです




今日は髪の毛を頼んでもいないのにキノコカットにされ、
挙げ句、脱キノコにするためにさらに髪を短くされ、
希望と全く違う髪型に仕上がって相当へこんでおります。
頼んでもいないのにキノコカットって本気でどういうことなんだろう あの人の標準がキノコなのかな

次ブログを書くときには、1つか2つ制作に関するお知らせができそうです。
えへ

boyaki comments(0) trackbacks(0)
すっかり はらり ほろり

時間があるわけでは全くないのですが
全然ブログを書けてないのは悲しいので
久しぶりにちょろっとだけ書こうと思います

文章を書くのは好きですし、すてきな文章の書ける人間になりたいのですが
時間も習慣も、なかなかうまくはいかないものです。




先日 我が家の絵本の故郷、青山の「クレヨンハウス」にいってきました。
http://www.crayonhouse.co.jp/home/index.html

母が通っていた頃はもっと小さい店舗だったそうですが、
現在は地下1階から3階まであり、フロアもけっこう広く、しっかりした店構えでした。
店内では自分の家にある絵本を度々見つけることができ、懐かしい気持ちになれました
母が子どもを思って大学時代にいたところに、大学生になった子どもの自分がいる、
と考えたらたいへん趣深いものがありました
うーむ。

窓際にカウンターのようなスペースがあり、
「立ち読み」ならぬ、「座り読み」ができてしまうのがすごいところです
絵本なのでさらっと読めてしまいますし、不完全燃焼なトランプ(1枚たりない為)もできます
結局閉店の時間まで居座ってしまいました

地下1階のカフェ兼レストランもとてもよいです
ケーキの大きさとクオリティが顔の筋肉をゆるっゆるにしてくれること間違いないです
店もケーキも写真がないのでリアリティが伝わりにくいのですが、
いくらでも時間を潰せるとてもよいところです。遠出する価値ありました。




完全お店紹介のようになってしまいましたが、、、
「木がずらり」という本に惚れまして、一冊だけ買ってきました
珍しい形の、とても美しい本です。
かわいいことばがたまらないですね。


tupera tupera
ブロンズ新社
¥ 1,470
(2011-02)

boyaki comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/12 | >>